FC2ブログ
TOP > CATEGORY > スリースターズ
BACK | TOP | NEXT

リストマーク 不撓の酋帥らすと 

2009年06月30日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
その背中のピカピカは何だぃ?
まさか君がホントのクリスタルの戦士かぃ?


ピカピカ亀1


剥ぎ取るといくらで売れるんだぃ?
カッコイイ武器や防具を作れるのかぃ?



え?モンスターハンター?






やったことないよ(´・ω・`)





Open↓

白ネコ大統領が主催する獣人将領NMLS

この日はクゥダフ編最終回。
本当は先週が最終最後だったけど、運良くもう一組トリガーが揃ったので
延長という形で突撃。

ここでのドロップアイテムの希望者もおられたので、ラストチャンスである。



いつものごとく人が少ない。
他の定時コンテンツ主催する人も、こんな感じなんだろうか…。
希望品取れたら、はい、さようならは悲しいと思うんだ。
人気のあったオークBFを最後にしてたら、もうちょいメンツ多かったんだろうかと
ちょっともやもや。


愚痴はここまで。




足りない人数はいつものように白門でシャウト募集をかける。
条件がほぼボランティアなのでなかなか集まらないが、何とか攻略できる人数を確保。







BF「不撓の酋帥」


Lv75制限、18人30分制限。
以下の5体のクゥダフが出現。殲滅後に出現する Armoury Crate の開封でクリアとなる。

Za'Dha Adamantking (戦)
Za'Dha's Biographer (黒)×2
Za'Dha's Minister (白)×2


ザ・ダのジョブタイプは戦士で、SPアビリティのマイティストライクを2回使用する。
HP80%までは背甲が光に包まれており、この間は

物理ダメージを大幅にカット
近接するPCがスロウになる
WS「トーメント・オブ・グ・ダ」を使用する
の3点の特長がある。HP80%を切ると光る背甲は消滅するが、時間の経過で復活する。


鉱石投げ 標的単体 約600物理ダメージ
炸裂岩投げ 標的中心範囲 約1000物理+火ダメージ
シェルチャージ 前方範囲 約500物理ダメージ+アムネジア
スカルスマッシュ 標的単体 約1000物理ダメージ+スタン
トーメント・オブ・グ・ダ 敵中心範囲 約500ダメージ+石化。光る背甲時に使用


4体のお供は、HPが低めでザ・ダとのヘイト連動も無い。
睡眠・静寂・バインド・グラビデは無効。
黒は魔力の泉を1回使用し、IV系・ガIII系やスリプガIIを詠唱する。
また白は女神の祝福を1回使用し、フラッシュやバニシュIIIを詠唱する。




ピカピカ亀2


さすがに4回目ともなると、慣れたもので20分ちょっとで倒せちゃった☆
後衛のど真ん中で範囲石化くらうのもお約束!


亀の生首もドロップして、不撓の酋帥での希望は全て希望者に回りました。
よかったよかった。
ここまで3か所のBFをやってきて、一度も負け無しは素晴らしいと思うんだ。
これもみなさんのおかげです、ありがとうございます。



次回は活動の延長で、ヤグードBFを予定しております。
全てフリーロットになります。
また白門で大声張り上げていたらぜひご参加ください。




Close↑

[2009.06.30(Tue) 08:08] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク おもしろかったこと 

2009年06月23日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
きょうはLSのおなかまさんと、かみかめBFをやりにいきました。

IちゃんとYちゃんとMちゃん、それにKちゃんBちゃんほかいつものめんばーです。


がんばってとりがーをあつめたので、すぐにいけるかとおもいましたが
あいかわらずにんずうがすくなく、こんかいは白門でさんかしてくれる
ぼうけんしゃをぼしゅうしてみました。

ほとんどおてつだいのじょうけんでしたが、それでもふたりさんかしてもらえて
うれしかったです。

とちゅうたりないとりがーのNMがいたので、おてつだいさんにはもうしわけなく
おもいましたが狩ることにしました。
いっぱいリンクしていっぱい死人がでましたが、かててよかったです。


だい3かいめとなる、かめBF【不撓の酋帥】です。
ぴかぴかこうらのかめです。

ぴかぴかこうらのかめ


よくわからなかったけど、盾さんがふたりしんじゃってびっくりしました。
はじめてまけたかなとおもいましたが、みんなががんばったおかげで
じかんにもよゆうをもってたおせました。

ねこもくびのながいヴぁーんもみんなよろこびました。

やったー

やったー!ばんざーい!


あいてむは、きぼうしゃがいる、かめのあたまとりょうておのスキルがあがるリングが
でました。
ざんねんながらじかんがなくなり、2かいれんぞくBFとはいかなかったけど
らいしゅうまたやるので、そのときは白門でぼしゅうしているかもしれません。


おわり。












時間さえかければちゃんとしたイラストや文章だって書けるんだからねっっ!!


[2009.06.23(Tue) 08:12] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 知名度がアップした! 

2009年06月20日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
荒野を走る一つの尻…もとい影。


尻1


一心不乱に駆け抜ける。
初期装備ミスラは業者キャラと思われるのか、すれ違う冒険者が見つめてくる。
そんなことも構わずに、ひたすら走り続ける尻…もとい猫。




尻2


何を考え何を思うのか…。
砂埃をまき散らし、広い荒野を走り続ける。



走りに走って、北方の地。

尻3


ほぼ全裸のミスラは猛吹雪の中でもへっちゃらだ。
何とかは風邪をひかない。
うん、きっとそう。








「モグタブレットが見つかりました。」(意訳)






( ゚Д゚) …。





オワタ…。




糸冬



Open↓

冒険者の探究心と物欲を掻き立てるモグタブレットシステム。
世界中に散らばった11個のタブレットを探すというもの。
この日ログインすると、散らばった直後だったらしく白ネコも探してみることにした。
結果は他冒険者が見つけて即終了。

聞くところによると、モグタブレットはグラフィック差し替えツールとか何とかで
大きなモンスターのグラフィックに変えちゃうと1発で見つけることができるらしい。
ホントかウソかは知らないけれど、もしホントだとしたら真面目にやってるPS2ユーザーや
一般PCユーザーが馬鹿みたいなのである。

1回見つけた冒険者はしばらく取れない仕組みにしようぜ!と愚痴る白ネコさんでした。




今回のハッピーパワー。
謎の木箱:辺境がktkr!!

ロ・メーヴで木箱を狙っている白ネコにすれば、今回はチャンスタイムになった。
何度も書いているように、ここでディアナ・ソレル女王


あの人6




…。


ディアナコロナを手に入れる為、ちょこちょこ通っている。
ネタが分かる人は白ネコと飲み明かそうではありませぬか!



さっそくロ・メーヴへ向かい乱獲を開始する白ネコさん。

ロ・メーヴ8

どうやらShikigami Weaponがわくらしく、たくさんの冒険者もいたが
気にせず乱獲乱獲。

うっかり壺NMのNightmare Vaseに手を出して、危なく死にかけるも
その鉄拳で何とか粉砕。
ドロップはまぁあれだ…。


その後もロボやらウェポンやらをどんどん駆逐。

ロ・メーヴ9

メリットポイントも程良く稼ぐことが出来、なかなか美味い。





ハッピーパワー効果もはっきりたいかんwwwできるくらい木箱がポロポロ出る。

木箱1

短時間で5個の木箱出現、その内4個の解錠成功と泥棒猫絶好調である。


木箱2



お目当てのディアナ様は出なかったが、黒鉄鉱金糸などが手に入り
ちょっとだけお金になった。


その最中

「ハライターズ1号さん、頑張ってください!」

嬉しいやら恥ずかしいやら、応援のtellを頂きビビる白ネコでした。











ロ・メーヴ10

大事に抱きかかえる木箱を、撲殺して奪い取る行為はリアルでは犯罪です。







Close↑

[2009.06.20(Sat) 07:46] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 殴りたい衝動に駆られる 

2009年06月17日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
真新しい装備やアイテムを手に入れると試してみたくなるのが
冒険者の性というもの。
そんなことは思わないぜ!と言う冒険者は冒険者の風上にも置けないので
風下に置いてやる!


マッチ棒パンチ



文句があるヤツぁかかってきなっ!
白ネコのマッチ棒のような腕から繰り出す鉄拳で粉砕してやるっ!

喰らえっ!必殺のマッチ棒パンチ!!

ネーミングそのままなパンチは一瞬激しく燃えて、すぐにペキリと折れるZe!!


Open↓


相も変わらずロ・メーヴでロボ破壊作戦。
木箱がポロリすればいいなと、ちょっぴり思う程度に乱獲。

殴り装備やWS装備を試行錯誤するが、そんなに違いが無いような希ガス。
たまたまミスで当たってなかったりもするのだろうが、いつも持ち歩いている
ミスラの初期装備で試した時に、薄金装備よりもダメージが出てビビる。


対ロボ1

ロボの左パンチを華麗にかわし、腹部へ渾身のタイガーアパカーだっっ!!


テリガン岬のFoVは大盛況で獲物枯れ枯れなのに対し、ロ・メーヴは交通の便が
若干悪いせいかそれほどでもない。
それともロボを相手にする冒険者がいないだけなのか、よくわからないが
サクサク狩れる。

対ロボ2

ロボの右パンチを優雅にかわし、腹部へ全力のしょーりゅーけんだっっ!!



どいつもこいつも木箱を持っていやがらねぇ。
どうやらディアナコロナは製造中止のようだ。


結局「これだ!」という着替えマクロも完成させることもなく、一人寂しかったので
この日は撤退。
白ネコは基本的に寂しがり屋なんだ。




薄金総面

薄金総面装備でフル薄金にしておけば、コンビネーション:ヘイスト+5%つくので
ずっとこれでいいかーと開き直る。
アルザビウーツ鋼1Dとオリハルコン1Dをまとめ買いして吐血したが
まぁいいかーと開き直る。









夢を見ていた白豚ボナンザなんて、別に期待していなかったぜっっ!!!1!


……。




Close↑

[2009.06.17(Wed) 08:18] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 参加者募集中 

2009年06月15日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
白ネコ主催の「獣人将領NMLS」


またその話かyp!!と自分でも思う今日この頃。
残り1~2回なので変に気合が入って空回りしております。

クゥダフ 【不撓の酋帥】 ヤグード 【不滅の邪神】

それぞれ1回ずつ予定しているのですが、メンバーが少ない状況です。
発足時は18人近くいたと記憶しているのですが、今ではなぜか
10人にも満たない場合があります、不思議です!!


「残り2回だけど、今から希望者のアイテム以外フリーで募集しようか?」
との提案に、とある知り合いから
「それなんて奴隷?」
と納得のお言葉を頂きました。


それでも構わないとお考えの方がいらっしゃいましたら、白ネコに/slap後
参加希望の一言をお願いしますえへへ。


Open↓

この日の活動はトリガー取り。
亀と鳥で足りない分の補充です。

いつものようにちょっと早めに現地視察をしたところ、オズトロヤ城[S]には
人がおらず、狙いのヤグード将領NMもノシノシ歩いておりました。
このNM、超高額アイテムを落とすのでほぼわいておりません。
活動開始時間になってもライバルらしき冒険者は現れなかったので討伐完了。

今回、トリガー取りということでドロップアイテム目当てで白ネコはシーフで参加。

モンスターからの高額アイテム及び素材のドロップ率大幅ダウン

白ネコ専用糞パッチの影響も懸念されましたが、何やらカッターナイフのようなものを
落としてくれました。

シルクトーン
   短剣 D28 隔195 CHR+4 歌唱スキル+2
        コンビネーション:回避+ 敵対心- ヒーリングHP+ Lv69~ シ獣吟


ハズレアイテムですが、ノードロップよりマシでしょう!!


これでヤグード【不滅の邪神】の参加権が得られました。



続いてベドー[S]でのトリガー取り。

こちらは時間前からPTがいたので、ひょっとしたら狩られちゃってるかなと
ちょっと諦めておりましたが、ポツポツと放置されておりました。

ゴブリンNM

思えばこのゴブリンNMが将領NMLS発足のきっかけだったような希ガス。

そして戦士タイプの亀NM

Ra'Dha Scarscute

この戦士タイプの亀もきっかけの1匹で、当時はヘッドバッド連射で死人が
いっぱい出ていたような希ガス。

ここで白ネコの糞パッチが発動したのかどうか定かではありませんが
バールのようなものとインフルエンザ用マスクがポロリ。

フリートウィング
片手斧 D45 隔276 回避+5 コンビネーション:HP+ VIT+ 命中+ 飛命+ Lv69~ 戦獣

ロウヒマスク
頭 防25 日中:被物理ダメージ-3% 夜間:被魔法ダメージ-3% Lv69~ 戦赤ナ暗獣狩侍竜青

久々のフルドロップ美味しいです。
ちょっと前まではどちらも高額でしたが、今ではアレレ?な値段でした。



暗黒タイプの亀NMも歩いていたので討伐。

Di'Zho Spongeshell

暗黒亀はLS発足以前の身内PTで挑戦した時、全く勝てないNMとして悩まされて
いましたが、今では慣れたもので難なく撃破。
こちらはアイテムドロップ無し。


これでクゥダフ【不撓の酋帥】の参加権げっと!


予定通り、トリガーも集まりLSとしてはトリガー取り終了となりました。
残るは各BFを残すのみ。

ヤグードは希望者がいないのでやるかどうかは未定ですが、クゥダフの方は
希望者がおられますので、ドロップすることを期待しましょう。


何度も申しますが、キラキラなボスを見てみたい!アイテムなんていらない!
というイベント好きで奇特な方がいらっしゃいましたらご一報ください。
特別待遇でお迎えいたします。


Close↑

[2009.06.15(Mon) 08:34] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 未だに慣れない 

2009年06月12日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
高地エルシモにある一際高い山

イフリートの釜1

言わずと知れた「イフリートの釜」である。


周囲には熔岩石が散らばり、時折噴火も起こる。
「用癌席」と変換したMyPCちゃんはある意味天才なのではないかと思う。

かつてここは獣使いの聖地でもあり、また採掘で高価な素材が手に入った
こともあり、一時賑わいをみせていたが今では過疎地域となっている。
レベル上げをするには獲物の配置や強さ、獲物のWSのいやらしさ、交通の不便さが
相重なり、ミッションやクエストなどでしか訪れることはない。
今ではアトルガン地方のサンクションボーナスもあり、獣使いもあまり見かけない。


そんな所に、白ネコは何の目的で訪れたのだろうか。



Open↓


イフリートの釜を登っていくと、すぐに行き止まりになる。
行き止まりと言ってもマグマの壁が収まるのを待てばいいのだが

イフリートの釜2

これがまぁ時間のかかることかかること…。
壁に氷の塊を使えばいいのだが、ボムが近くに徘徊しており正直めんどくさい。
な~んでこんなギミックにしたのか、おもしろいと思っているのだろうかと未だに首を傾げる。

以前は物見の術なんて便利忍術が無かったので、サポ白でビクビクしながら
インビジスニークを唱えたり、オイルパウダーを体に塗りたくって移動していたものだ。
徘徊するボムが魔法感知するので、インビジスニークのかけ直しには注意が必要だ。
白ネコはたまに見つかってしまうが、御愛嬌だ。

しばらく進むと中心部である火口に辿り着く。

イフリートの釜3

上から覗き込むと、背筋がムズ痒くなる。
ここは稀に噴火を起こすらしいが、そういえばまだ一度も見たことないな…。
ずーーっと見ていると、飛び込みたい衝動に駆られるので先へと進む。


ボムやサソリ、コウモリなどに気をつけながら山頂を目指す。
絡まれたら倒せばいいのだが、激しくめんどくs

無事、山頂へ到着すると綺麗な満月が迎えてくれた。

イフリートの釜4

画像右側の岩みたいなのは、実は操ったトカゲなのだが見事な擬態だ。

さて、白ネコがここへ何をしに訪れたのか…。





真相を知りたい方は合言葉を入れてください 














ウソです。
何もありません。
オチも無いです。



Close↑

[2009.06.12(Fri) 08:18] スリースターズTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by Geforce
こんちゃ^^
結局何をしに行ったかすごくきになるんですが・・・w

by 白ネコ
べ、別に美味い金策とか無いですよっ!!
ホ、ホントですよ!!

何も隠していませんよ!!

ただの散歩ですよ!は、ははは…!

コメントを閉じる▲

リストマーク カエル星人 

2009年06月11日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
「金儲けに行くぞ!」

始まりはそんな何気ない一言だった。
その日、白ネコはたまたま早い時間にログインした。
LSリストにそいつはいた。

通称「うんこタルタル」

白ネコ同様、うんこなやつだ。


何やら良い金策があるらしい。
最近あんまり金策をしていなかった白ネコにとって、渡りに船だった。

「よかろう。」

二つ返事で白ネコは言われるがまま獣使いにジョブチェンジした。
やつも同じく獣使いだ。

「特別製タクシーを使うと良い!」
「!?」

指定された場所へ向かうと見慣れないチョコボが並んでいた。



特別製チョコボ

「ほほぅ、こいつぁ珍しい…。」


どう見てもでっていう!!


でっていう!!


Open↓


狩り場は冒険者があまり近づかない辺境の地。
木々が生い茂り、深く蒼い沼に時折波紋が広がる。

狩り場


乗り心地はあまり良くない特別製タクシーに苦戦しながら白ネコはその地に降りた。
ジィジィとセミのような鳴き声や、ゲコゲコとカエルのような声も聞こえる。

特別製チョコボ2

手綱を近くの木へ結び、でっていうを休ませようとするが

「そいつもこき使うから甘やかすな!」

どこまでも非情なタルタルである。



この辺りにターゲットがいるらしい。

「あ!!ガンツスーツ忘れた!!」

どうやらヤツは某マンガに感化されているらしい。

「は~い、1名死亡けって~い!」

ネタがわかる白ネコもどうかと思う。


狙うのはカエル、ポロッゴと呼ばれる獣人だ。
獣使いのスキャンでマップを見て、居場所を探す。
どうやら近くにいるようだ。
タルタルが様子を見に奥地へ向かったので、白ネコはそのままスキャンを続けた。
すると目の前に小さな影が現れた。
段差に隠れて視認できなかったらしい。
ターゲットだ…!

カエル星人1

幸いこちらにはまだ気づいていないようだ。
静かに抜刀し、後ろからこっそりと近づく。

「今だ!!」

まさに殴りかかろうとした瞬間!


ゴゴゴゴゴゴ…。
と、背後から呪文詠唱の音がする…。

カエル星人2

たらり…。
白ネコの額に大粒の汗が流れた。

後ろにもいた…。


不意打ちでファイガを浴びてしまった白ネコは、咄嗟にでっていうをぶつける。
もう1匹のカエル星人もこちらに気づき、何やらゲコゲコ言っている。

ヤバいヤバいヤバい…。

カエル星人3

「グエェェェェェ!!」

気味の悪い叫び声をあげ、2匹のカエル星人が襲いかかってきた。
無我夢中で攻撃を開始した白ネコは、何とか1匹を仕留めたが、残る1匹に
苦戦をしていた。
頼りのでっていうはカエル星人のフレアの直撃を受け、瀕死の状態だ。
そこへ、追い打ちをかけるようにカエル星人はファイガを唱え始めた。
静寂状態になっていた白ネコは、逃げようと思ったが慌ててボタンを押してしまい
ターゲットロックになってしまった。
ロックしてしまうと走ってもターゲット中心にグルグル回るだけなのである。

「あ~、死んだ…。」

そう観念してぎゅっと目をつぶった。
広がる炎のエフェクトに包まれる白ネコ。

カエル星人4

「あれ?」

白ネコは無傷で生きていた。
理解できずそのまま押し切り、ようやくカエル星人を倒しホッと息をついた。

何で生き残ったんだろう…。

よく考えてみた。
あ!これだ!!
白ネコは装備欄をみて納得した。

そこには、ガンツスーt シャドウリングが装備されていた。
このリング、稀に魔法攻撃を無効にしてくれるものだ。
どうやら今回はこのリングのおかげで生き残れたようだった。

その後も何匹かカエル星人を倒し、合計85.000ギルほどの金策になった。


しばらくすると、どこへ行っていたのだろうか。
いなくなっていたタルタルが戻ってきた。

「どこへ行っていたのか!?」

との白ネコの問いかけに


「うんこ行ってた!!」



……。



まさにうんこタルタルである。



Close↑

[2009.06.11(Thu) 08:53] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 不敗の大帝らすと 

2009年06月09日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
毎週行っている「獣人将領NMLS」
そろそろゴールが見えてきました。

これまでに

オーク  【不敗の大帝】 3回
クゥダフ 【不撓の酋帥】 2回
ヤグード 【不滅の邪神】 1回

短期で各BF2~3回で募集していたので、そろそろ規定回数になります。
なかなかトリガーも揃わず、それ以前に参加者が揃わないことが多々ありまして
思うようには進行できず反省する次第でございます。


参加者の希望品を伺ったところ、オークの頭装備が人気が高く
2,3回では行き渡らないとの懸念もあった為、無理を言ってオークのみ
4回実施と延長させて頂きました。

初回から毎回参加して頂いている方には感謝しきれません。
ありがとうございます。


Open↓


この日はオークの【不敗の大帝】4回目です。
つまり、最終回ですね。


トリガー次第での決行でしたので、運が悪ければ延期かなぁと思い
ちょっと早めにラヴォール村へ各NMの様子をスネークしたところ
全個所でノシノシ歩いていたのでちょっと安堵しました。

集合時間までに他冒険者が来ないかとドキドキして現地で待っていましたが
幸いにも誰も訪れることもなく、進行できそうでした。

しかし、毎度のことながら集まりが渋い。
希望品取れたら来なくなる人が多く、取り逃げですか?と裏tellが来ると
どう返事していいのやら困ってしまうのです…。
リアル都合優先で構わないとは思いますが、活動時間だけログインしないとか
あからさまなのはちょっとうーーんと思いました。

すいません、愚痴りました(´・ω・`)


足りないトリガーは、目玉と戦車。

目玉NMは大きな事故も無く?倒していただきましたが、戦車NMはいつも
苦戦しますねぇ。
最初の構成は結構適当に組んじゃってるので、MPヒーラーが固まっていたり
回復ジョブがいねぇ!とかになっててドタバタしてしまいます。
最初からきっちり構成しとけよ!と言われそうですが、まぁなんだ…。

【許してください。】


今回も足りない人数分をお手伝いさんに頼っていたこともあり、NMのWSの効果を
じゅうぶん説明しておらず前衛の方には迷惑をかけちゃったなと反省しております。



無事トリガーも集まり、いよいよ最後の【不敗の大帝】


戦略はいつも通りですが、初参加のお手伝いさんもいらっしゃいましたので
説明に時間がかかっちゃいました。
説明は手打ちでやってるんで勘弁してくださいね…。

今回の構成は ナナ白吟赤召 ナ戦黒黒召 青赤

精霊アタッカーが少ないかなと思い、最初は黒魔道士でトリガー取りをしてましたが
BFの雑魚マラソンを初のお手伝いさんにお願いするのも荷が重いかなと
いつものように赤に着替え。
その代わり学者で準備されていた方に、召喚士をお願いすることにしました。
召喚獣の削りに期待したのですが、これが意外と良かったと思います。

雑魚処理も順調に終わり、残るはボス。
オーラを纏っていらっしゃいますので、なかなか削れません。
盾の方が「リフレ、ヘイスト」と仰っておられたのでリフレを選択、発動かと思ったら
「あぁ、あたしゃ別PTだった(´・ω・`)」
MPに余裕あればヘイストを回してましたが、ベール・オブ・カオス連発や
トルネードエッジなどで回復優先にしてたもので次第に息切れしちゃいました。

気がつくと盾の方が一人、また一人と崩れ、うへぇ!やべぇ!と焦っておりました。
盾がここまで落ちたのは初めてだったような気がします。
みなさんの働きで、なんとかリカバリーもできオーラが消えたところで全力で攻撃開始。
お手伝いの黒タルさんが勇敢に古代でタゲを取りプリッとされましたが無事撃破。

ここまでSSが無いのは、今回そんな余裕が無かったからです。


ドロップアイテムはリングとピアス。

どちらも希望者がおられたので、良かった良かったと胸を撫で下ろしました。
頭希望の方には申し訳なかったですが…。


残るは亀を1回と、トリガーも7つ揃っているので最後に鳥もオールフリーロットで
やりたいかなと思っております。
鳥をやる場合は人数不足分を白門でシャウト募集するかもしれませんので
見かけられましたらお気軽に声をかけてくださいませ。



※オーク戦利品合計
  ジャナッドヘルム   x2
  ニミュエタイツ     x2 (フリー)
  スプレマシーピアス x2
  フェニアンリング   x2

Close↑

[2009.06.09(Tue) 08:36] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 不撓の酋帥とFFXIV 

2009年06月03日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム


問題)以下の画像より、NMと思われるものをクリックしなさい。




問題




※クリックしたところで何も仕掛けはありません。




Open↓

今回の獣人将領NMLS活動は、ベドー[S]でのBF「不撓の酋帥」

ピカピカ甲羅のアイツですね。



前回の攻略が3月下旬らしく、結構長いことやってなかったらしいですね。
オークばっかりやって亀希望者には申し訳ないと思っております。

当日、時間まで待ちましたが人数が5人とかで身動きが取れませんでした(´-ω-`)

希望品取れたら来なくなる人が多すぎで困りものです…。

これ以上活動を引き延ばすのも初期から参加して頂いている方に申し訳ないので
主催の独断で急遽ヘルプをお願いしました。
メンバーのお知り合いにそれぞれ声をかけてもらい、何とか決行できるように集めました。


構成は ナナ吟白赤黒 ナ戦戦モ青コ 白黒赤

精霊アタッカーが少なく思いましたが、オークよりは楽だろうと思ってました。
結論から言うと、苦戦しました(´~`)


不撓の酋帥

雑魚マラソンと雑魚処理はすごく早く終わったのですが、ボスでやはり手こずります。
近づくだけでスロウになるわ、範囲WSで石化してくるわで何度も危険な場面もありました。

物理アタッカーもピカピカ甲羅が消えるまで近付けないので、削りは精霊に頼るところが
大きいのです。
今回、黒2名だったのでなかなか甲羅を剥ぐことが出来ず、時間がかかりました。
白ネコ赤の精霊なんて、しょぼしょぼダメージですわよ!!


不撓の酋帥2

余裕ぶっこいてこんな近づいたりして写真撮ったりするから回復が遅れるんですね。

…。

反省してないようで反省はしてるんですよ…ホントですよ…。


甲羅が剥がれたら物理アタッカーの火力で一気に削れますが、後半再び甲羅が
復活するので、これからこのBFを企画している方がおられましたら気をつけてください。
HP残り少ないから精霊で押しちゃえ!という考えは危険です。
タゲが後衛に来ちゃってそこで範囲石化されて半壊するコンボを味わうことになります。

あれ?これ前回の時も書いたような気がします…。

なんというデジャヴ…。



何とか27分台で倒すことができ、胸を撫で下ろした白ネコでございました。

希望の多い、頭装備は残念ながらドロップしませんでしたが
全部フリーロット大会でヘルプの方にもお土産を持って帰ってもらうこともでき
強行して良かったかなと思います。

残り オーク1 亀1 鳥1 なので、これを読まれている試練鯖のお暇な方!
おられましたらちょこっと遊んでみませんか?
希望者がいるアイテム以外は全部フリーロットでございますわよ!!






※追記

FF14はオンライン対応だそうで…。
エルヴァーンやガルカっぽいキャラクターも見受けられます。
キャラデータ引き継ぎとかできたら最高ですけどねぇ!







Close↑

[2009.06.03(Wed) 08:19] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 続・舞踏団ブラックソール 

2009年05月21日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
抜けるような青空の下、白ネコはアトルガン白門へと訪れた。
街は相変わらず活気にあふれ、行きかう行商人や冒険者で賑わっていた。

白ネコは手にした紙切れに目を落とし、内容を再確認した。


『その節はお世話になりました。
 もしお時間があるようでしたら、お会いしたいのですがいかがでしょうか?
 太陽が真上に差し掛かる頃、競売所前にてお待ちしております。
    
                                     B・S 』


先日、アジトのポストに1通の手紙が届き、モグヲが慌てて持ってきたものだ。

B・S…。

何か引っかかるものがあり、白ネコはそれを確かめるため一通り装備を整え
指定された時間に競売所へ向かった。


Open↓


そこは多くの冒険者が集まり、目当ての品物を求めて人だかりができていた。
この中から顔も知らない差出人を探すのは困難だな…。
白ネコは一つ溜息をつき、荷物を床に置いた。

「お待たせしました。あなたが白ネコさんですね?」

butoudan2.jpg

背後から声をかけられ、咄嗟に腰の短剣に手をかけた。
気配を感じられなかった…。
白ネコは背中に冷やりとしたものを感じ、警戒した。

「団長がお待ちです。どうぞこちらへ…。」

物静かな声色で淡々と話してはいるが、その目は鋭かった。
隙を見てとんずらを使おうと考えたが、それも無駄だと分かるのに時間はかからなかった。
もう一人、白ネコの前に立っていた。

butoudan1.jpg

「逃げようとしても無駄ですよ。」

薄っすらと笑みを浮かべ、童顔の青年が白ネコに手を差し出した。
白ネコは諦め、両手を軽く上げ、降参の仕草を見せた。

「では、こちらへ…。」




二人に連れられ、バルラーン大通りへと出た。
持ってきた武器類は全て抑えられ、白ネコは半ば観念した。

「お手を煩わせてしまい、申し訳ありません。」

澄んだ美しい声が聞こえ、一人のヒュームの女性がそこに現れた。

butoudan3.jpg

「あまり事を荒立てたくなかったので、少々強引だった事をお詫びします。」

人当たりの良さそうな声質と仕草ではあったが、白ネコは異様なものを感じていた。
殺気…。
額から流れる汗をぬぐい、白ネコはそのヒュームを見つめた。

「舞踏団ブラックソールを覚えていらっしゃいますか?」

3人に囲まれ身動きが取れない白ネコは、開き直り首を傾げた。
どこかで聞いたことがあるな…。その程度だった。

「少し前に、あなたの働きにより壊滅させられた舞踏団ですよ。」

童顔の青年がにっこり笑い白ネコに語りかけた。
エルヴァーンの男は表情を変えず、じっと白ネコを睨み続けていた。

「あぁ~、確かアフマウに頼んで掃除してもらった舞踏団だっけ?」

気の抜けたような返事をした白ネコに、男たちはピクリと表情を変えたようだったが
女は平然とした態度で頷いた。
おどけた様に一つ伸びをして、女を見たがその殺気は消えてはいなかった。
『マズイな…。』
逃げ道がない。
目だけで辺りを見回したが、隙は無さそうだった。

「あなたにとってはその程度の記憶しかないでしょうが、私たちはじっとこの機会を
 伺っておりました。どういうことかお分かりですね?」

女は目を伏せ、すっと右手を挙げた。
二人の男が一歩後ろに引き、距離を取った。
丸腰の白ネコは、澄んだ青空を見上げぐるぐる考えを巡らせた。
この状況をどうやって切り抜けるか…。

「団長があなたにお話ししたいそうです。」

女の意外な発言に白ネコは驚いたが、次の瞬間、それ以上に衝撃を受けた。
団長と呼ばれた人物がどこからか姿を現し、4人の前に立った。
3人の団員は跪き、頭を垂れた。

「あ、あなたは…!」

「お久しぶりです、白ネコさん…。」

maru3.jpg

そこには、以前ウィンダスへ送り届けたシャンテの姿があった…。




                                       つづ…きません(´・ω・`)





※この話は続きません。
  書き貯めていた文章をコピペしただけです。
  全く考えていません!!1!
  厨二病の発作です(´・ω・`)

Close↑

[2009.05.21(Thu) 08:56] スリースターズTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

ぷろふぃ~る。

個人で~た。

最新記事 + こめんと

らんきんぐ

とらっくばっく。

月別アーカイブ

カテゴリ

ついったー

きーわーどらんきんぐ

検索フォーム

いんふぉめ~しょん

QRコード