FC2ブログ
TOP > マムークにて。
 ← 決算3 | TOP | 北方の城で。

リストマーク マムークにて。 

2009年01月25日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
風の強い日、ある男に呼び止められた。
彼の名はShajaf。
少しファッションセンスを疑う風貌だった。

Shajaf

「あんた、冒険者だろ?ちょっとした仕事があるんだがやってみないか?」

概ねこんな内容だった。
「な~に、そんな難しい話じゃねぇ。他にも雇った冒険者がいるんでそいつらと
 一緒に害虫を駆除してほしいんだ。」
ズヴァール城での一件があった為、少し警戒したが受諾してみることにした。
そこにはほんの少しの好奇心があった。

指定された場所へ赴くと、そこには幾人かの屈強な冒険者が集まっていた。
軽く挨拶を交わし、パーティに加わる。
今回は白魔道士に変装し、バックアップに回ることにした。

目的地は、マムークの翡翠廟と呼ばれるところらしい。
Shajafの話では、この辺りを仕事場にしている木こりから、害虫がたくさんいるので
1匹でも多く駆除してほしい、と依頼があったようだ。
こんな危険な場所でも生計を立てている人に、少し感心した。

現地の害虫が現れると予想される場所で、しばらく待機した。
緊張しているのか、他の冒険者も口数が少ない。
そこに突然、わんわんと大きな羽音が聞こえ、6匹の大きな虫だろうか?竜だろうか?
紅い鱗のモンスターが現れた。

忍者、戦士に加速の魔法を唱え一気に襲いかかった。
戦士の斧がモンスターに食い込み、ガラスを引っ掻くような声をあげさせた。

puku1

Phantom Puk
ボレアースマントという技を使い、Phantom Puk4体を呼び出す。
一気に戦士、忍者の体力が無くなるが、吟遊詩人、黒魔道士のサポートで撃退していく。

最後の1体が地上に落下した時、辺りは驚くほど静かになった。
どうやら1つの群れを退治できたらしい。
それぞれが武器を収め帰還する間際、モンスターの傍らにトレジャーボックスを見つけた。

puku2

何だろう…。
何の警戒もせず、その白魔道士は宝箱を開けてみた。

Armoury Crateに、知恵の薬が入っていた!
Armoury Crateに、アーリマンの翼が入っていた!
Armoury Crateに、ブリザドⅣが入っていた!
Armoury Crateに、チョコボの卵が入っていた!
Armoury Crateに、プークの翅が入っていた!
Armoury Crateに、クロマ鉄鉱が入っていた!


幸い他の冒険者はまだ気がついていない…。
こっそりいただいてしまおう…。怪盗の血が騒ぎ、そっとパーティから離脱し
仲介屋に報告に行く盗るネコであった…。





プークのシャウトがあったので、参加したらクロマが出てやったー!ってお話でしたヽ( ´-`)ノ
[2009.01.25(Sun) 08:34] 盗るネコ一味Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 決算3 | TOP | 北方の城で。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://noranyun.blog115.fc2.com/tb.php/10-c9c8c624
 ← 決算3 | TOP | 北方の城で。

ぷろふぃ~る。

個人で~た。

最新記事 + こめんと

らんきんぐ

とらっくばっく。

月別アーカイブ

カテゴリ

ついったー

きーわーどらんきんぐ

検索フォーム

いんふぉめ~しょん

QRコード