FC2ブログ
TOP > 理由があるんだ
 ← 抜け出せない | TOP | 夢の国ネズミーランド

リストマーク 理由があるんだ 

2009年05月07日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
毎日更新を心がけていたが、できなかった。

サボったわけじゃあないんだ。
すまない、理由は言えない。
誰にも迷惑をかけたくないんでな…。


え?
別に聞きたくない?


ホントに?


…。

少しくらいは話してもいいんだよ?

あぁ、そう…。
話しちゃおうかな…。

え?しつこい?

…。


げフンげフン…。

あの人4


すいません、話します…。


その日、ある富豪からの依頼で遠出したんだ。
何でも一人娘が悪い奴らにさらわれたそうだ。

拙者…いや、オレは人一倍強い正義感に駆られすぐに旅立った。
無事助け出したあかつきには、きっと娘さんから感謝されまくりのはずだ。
ふっふっふ…じゅるり…。


オレは急ぎ、グロウベルグ[S]の山を越えることにした。

グロウベルグ[S]?

遠くにバストア海が見える。
この山を越え、しばらく進むと妖精たちがオレを迎えてくれた。
あの人5
モテる漢ってのは、種族関係ないようだ。
その姿をレンズに収めようとしたが、恥ずかしがって逃げ惑う。

妖精の泉?

え?気持ち悪がってるんじゃないのかって?
いやいや、勘弁してくださいよ。
それはないですよ。



旅は順調に進み、無事に港街へ到着した。
ここから船に乗り北を目指す。

船出?

あいにくの天気だが、オレはどんな困難でも乗り越えてみせるぜ。
娘さんを助け出して、チヤホヤされたいからじゃないですよ。
ホントですよ。


船はぐんぐん進み、北方のシュ・メーヨ海へと入った。
気温はかなり低いが、拙者の鍛えられた肉体の前では無意味だ。

…。

やっぱダメ。寒いものは寒い!
あと、さっきの「拙者」のとこ「オレ」に直しておいて。


北の地は厚い霧に覆われていた。

クフィム?

全く何も見えない。
オレは五感を研ぎ澄ませ、辺りの様子を探ることにした。
すると、目の前に巨大な塔を発見した。
なんてデカさだ。
この塔の中に娘さんが捕まっているのだろうか。

デルクフの塔?

オレはぶるっと武者震いをし、引き返すことにした。

今日は調子が悪いからね。
明日また来るよ。
うん、ホントごめんね。
体調が良かったらこんなところ、ちょいちょいと攻略するんだけどね。
うん…まぁなんだ。


この話は続かないYO!

ネタが解る人じゃないと通じにくいからね。
あと、場所を特定できた人はすごいと思うYO!


FF全然関係なくてごめんなさい。



[2009.05.07(Thu) 09:24] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 抜け出せない | TOP | 夢の国ネズミーランド

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://noranyun.blog115.fc2.com/tb.php/113-8723cd6c
 ← 抜け出せない | TOP | 夢の国ネズミーランド

ぷろふぃ~る。

個人で~た。

最新記事 + こめんと

らんきんぐ

とらっくばっく。

月別アーカイブ

カテゴリ

ついったー

きーわーどらんきんぐ

検索フォーム

いんふぉめ~しょん

QRコード