FC2ブログ
TOP > 潜入!オズトロヤ城〔S〕
 ← 妖精のフラスコ | TOP | 片目のヤグード

リストマーク 潜入!オズトロヤ城〔S〕 

2009年02月27日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
白ネコとエルヴァーンの青年は、一路アラゴーニュ戦線へと
旅立った。
ヤグード族の多くはこの地に生息しており、何か手掛かりが
あるかもしれないと思ったのだ。
この地のヤグード達は力の強いものが多い。
二人はなるべく見つからないよう慎重に先を進んだ。

「こんな所から、かなり距離があるグロウベルグ〔S〕まで
 やつらは移動するのでしょうか?」
青年は透明魔法と消音魔法を唱えなおし白ネコに言った。
たしかにこのメリファト山地〔S〕からグロウベルグ〔S〕までは
歩くとかなりの距離がある。
チョコボを走らせてもそれなりに時間がかかる。
「んー、獣人血盟軍といっても表だけで、それぞれの
 種族間ではスパイ活動とかあるんじゃないかな?」
白ネコは後ろを振り返らず、先へと進んだ。

しばらく進むと、目前に大きな建造物らしきものが見えた。

ヤグード達の城、オズトロヤ城〔S〕だ。


城の中は不気味なほど静まり返っていた。
こうも簡単に侵入できるとは思っていなかったので
二人は逆に慎重になった。
「さて、どうしようか。
 全部相手してたらこっちが危ないな。」
白ネコは息を殺し、通路の角からそっと頭を出した。
2,3のヤグードが見回りをしている。
「隙をみて僕が1匹眠らせますので
 そいつを締め上げて吐かせましょう。」
意外と大胆な青年の作戦に、白ネコは頷いた。

見回りのヤグードの1匹が、通路の角を曲がり
もう片方のヤグードの視覚から消えたその時
青年は睡眠の魔法を唱えた。
その場に倒れ込むヤグードを白ネコが引きずり出し
うまく通路から死角になる所へ運んだ。
先に進んでいたヤグードは後ろを振り向いたが
首を傾げただけで、気にせず先へと進んで行った。

目を覚ましたヤグードは状況が分からず、ギャアギャア
鳥の鳴き声をあげたが次第に大人しくなった。
何か最近同じパターンだな、と白ネコは思ったが
気にしないことにした…。
「ここに妖精を捕まえているヤグードっている?」
白ネコは極力優しく話しかけてみた。
そのヤグードは下っ端らしく、何も知らないと答えた。
「Yagudo Sentinel殿ならご存じかもしれないギャ!」
「なるほど、ありがとう。」
白ネコは笑顔を見せ、再び青年に睡眠魔法をかけさせた。
下っ端ヤグードはぐぅぐぅと高いびきをかいて眠りに落ちた。

「そ、それならYagudo High Priest様が持っておられた!
 西へ敵情視察へ向かわれたときの戦利品だとか
 自慢しておられた。」
城の中庭辺りで打ち倒したYagudo Sentinelはペラペラと
喋り出した。
「そいつは最近、変な匂いをしてなかった?」
「し、しておられた!何度洗っても落ちぬと愚痴を
 こぼしておられた…。」
「今、どこにいるの?」
「さ、先ほど城の周りの様子を見てくるとかで
 外に出られた!ウソではないっ!」
一通り聞きだし、同じようにヤグードを眠らせた二人は
来た道を引き返し外に出た。

外に出ると辺りはすっかり暗くなっていた。
夜のオズトロヤ城〔S〕城門前は、一層不気味さを増し
二人を緊張させた。
幸いヤグードは鳥目らしく、それほど遠くは見えない。
白ネコ達は見つからないよう、Yagudo High Priestを
探し出した。

そいつは城門前の篝火の下で、佇んでいた。
時折体中を嗅ぐようにし、顔を歪ませていた。
その右目は潰れているのか、異様な姿を醸し出していた。
「あいつだ…!」
青年は持っていた杖をぎゅっと握り、飛びかかった。
「あ、ちょっと!」
慌てて止めようとした白ネコだったが、もう遅かった。
Yagudo High Priestもこちらに気がつき、杖を構えた。
仕方ない…、白ネコも飛び出しそのヤグードへ
飛びかかった。

Yagudo High Priest


                                   つづく!
[2009.02.27(Fri) 09:16] スリースターズTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 妖精のフラスコ | TOP | 片目のヤグード

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://noranyun.blog115.fc2.com/tb.php/44-2faea267
 ← 妖精のフラスコ | TOP | 片目のヤグード

ぷろふぃ~る。

個人で~た。

最新記事 + こめんと

らんきんぐ

とらっくばっく。

月別アーカイブ

カテゴリ

ついったー

きーわーどらんきんぐ

検索フォーム

いんふぉめ~しょん

QRコード