FC2ブログ
TOP > 筋肉兄弟
 ← 百烈拳x2 | TOP | 少女の夢

リストマーク 筋肉兄弟 

2009年03月08日 ()
FINALFANTASY XI * オンラインゲーム
ストライダーブーツを装備した白ネコは、アムリタを追って
海蛇の岩窟を進んだ。
移動速度が上がるので、後方のガルカは追いつくことができなかった。
「すまねぇ!後で追い付くから先にあいつを見つけてくれ!」
ガルカの大声を背に受け、白ネコはアビリティ【とんずら】を
使用し、更に速度を速めた。

しばらく進むと小さな湖のような場所に出たが、そこで道は
途切れていた。
突き当りの壁際で、サハギン達が屯し何やら話していた。
白ネコは岩陰に隠れ、様子を見てみた。
「あのガキ、まぁた来やがったな。」
「あれだろ。最近筋肉兄弟が目を付けてるニンゲン。」
「結構稼がせてもらってるみたいだゼ。羨ましいもんだ。」
「馴れ馴れしくてうっとおしいって言ってたから、そろそろ
 ヤっちまうんじゃねぇのか?」
ゲラゲラと笑い声をあげるサハギン達に、白ネコは顔を顰め
短剣を抜き放ち襲いかかった。
突然の襲撃に驚いたサハギン達は、抵抗する間もなく
その場に倒れ込んだ。

「その子はどこに行ったの?答えな!」
1匹のサハギンを起こし、短剣を突きつけた。
慌てふためいたサハギンは、体を震わせ命乞いをした。
「そ、その奥へ行った!この獣人ミスリル貨で先へ進める!」
白ネコはサハギンが差し出した貨幣を奪い、突き当りの
壁を調べてみた。
そのサハギンは悲鳴をあげ、湖の中へ飛び込んだ。
よくみると壁になにやら穴のようなものがあり、獣人ミスリル貨
差し込むと、ガラガラと音を立て岩がスライドした。
白ネコは慎重に奥へと進んで行った。



奥は更に道が続いており、たくさんのサハギンが
うろついていた。
白ネコの姿に気がついたサハギン達は、叫びをあげ
集団で襲いかかってきた。
槍で攻撃する者、歌で補助する者、何匹ものサハギンが
白ネコを襲ったが、どれも紙一重でかわされ白ネコの
通った跡には気絶するサハギンの山ができた。

その調子で奥へと進んだ白ネコは、何やら話し声を聞き
辺りを伺った。
松明の明かりに照らされ、体の大きなサハギンと少女がいた。
その奥には池があり、そこにも1匹大きなサハギンがいるようだ。
少女の背中に、怯えたようなモーグリもいた。
小高い岩の上であぐらを組んだサハギンが口を開いた。
「ん~?もう一度言っておくれ。」
低い声だが少女をあやす様な口調だった。
「だからっ!約束の船を先に売ってと言ってるの!
 足りない分は必ず後で払うから!」
アムリタは声を張り上げ、サハギンを見上げた。
池の中から上半身を出し、もう片方のサハギンが笑った。
「ギャギャギャ!もうメンドクサイぞ、兄者!」
「ギョギョギョ!そうだのぅ、弟よ。」
岩の上のサハギンも笑い、立ち上がった。
アムリタとモグは1歩後ずさりし、その2匹を見回した。
「な、何言ってるの!?約束の船を…。」
様子がおかしいと思った白ネコは、短剣を構え
いつでも飛びだせるようにした。

「船など無ぁ~い!そんなもの無くても
 オレ達は泳げるからなぁ!」
池から水しぶきをあげ飛び出したサハギンが言った。
「今まで乳臭いガキの相手を我慢してきたが
 たんまり稼がせてもらった!もうお前に用は無い!」
岩から飛び降り、腕組みをしたサハギンが言った。
「な、何?あんたたちっ!」
強がっていたアムリタも冷や汗をかき、壁に背をつけた。
じりじりと近づいてくるサハギン達は大きな笑い声をあげた。
「最後に教えてやろう。お前の親を襲ったのは我ら兄弟だ。」
「何ですって!?」
うっかり足を滑らせ、尻もちをついたアムリタは驚いた。
「親を襲った我らに、子のお前が近づいてくるとは
 なかなかおもしろかったゾ!」
「ありもしない船の事を言ったら、喜んで我らの為に
 盗みを働いてくれ、なかなかおもしろかったゾ!」
ぐいぐいとアムリタに顔を近づけ、交互に笑うサハギンに
少女は涙を流した
「だぁが、それも今日まで!もう飽きた!」
「願い通り、お前の親の所へ連れてってやるぅ~!」
2匹のサハギンがそれぞれ拳を振り上げ、アムリタに
襲いかかった。
モグを抱きしめ、少女は目をつぶった。
「お父ちゃん…。」


ザシュッ!!

肉を切るような音がし、サハギン達は悲鳴をあげた。
腕から青い血を流し、その白いモノを見た。

Worr the Clawfisted

「あんたたち…、許さないよっ!」

白ネコはそのサハギン
Voll the SharkfinnedWorr the Clawfistedを睨みつけた。


                                        つづく!
[2009.03.08(Sun) 09:59] スリースターズTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 百烈拳x2 | TOP | 少女の夢

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://noranyun.blog115.fc2.com/tb.php/53-e7533daf
 ← 百烈拳x2 | TOP | 少女の夢

ぷろふぃ~る。

個人で~た。

最新記事 + こめんと

らんきんぐ

とらっくばっく。

月別アーカイブ

カテゴリ

ついったー

きーわーどらんきんぐ

検索フォーム

いんふぉめ~しょん

QRコード